流行りものにはとりあえず手をつけてみよう

Twitterで見つけた話題で、事実かどうかは怪しいのですが。示唆に富む内容だったので。

今はTwitterでも参院選の話題が飛び交っています。問題のツイートはというと。高齢の父親が、とある政党を支持するようになっていた驚いた、と。その情報源を聞いてみたら「TikTok」だったという話。嘘か本当かは置いておいて。あってもおかしくない話だと思うのです。

TVや新聞よりもネットの動画を信頼する人が増えているということ。幅広い人がネット動画を見ているということ。TikTokが様々な年代に広がりつつあること。この3つは事実です。

で、ネットのマーケティングに関わる私たちが、消費者の行動や心理を知らないってのは大問題なわけです。TikTok、見たことありますか? スマホに入ってますか? 別に熱心にチェックする必要はありませんし、ましてや投稿しなくても良いですが。名前を聞いたことがない、という人はいないと思いますが、見たことがない人は意外に多いはず。

流行っているものは、積極的にチェックしましょう。今なら、TikTokを見たことがないという場合は「情報感度が鈍い」と言われてもおかしくないです。「こんなのが人気なんだ」程度でいいんですよ。仕事がたくさんあって、時間がないことはわかります。でも、知らないことは大きなハンデになると思うのです。