ラフデザインはいつでも手書き

2022.01.20

今日はあるプロジェクトのチラシをデザイン。デザインをするとき、まずは手書きのラフスケッチから始めます。

手書きのメリットはいくつもあります。おそらく多くの人が、PCより手書きの方が速く書けるはずです。慣れた紙とペンの環境は、思考を邪魔しません。速いということはトライ&エラーの試行回数を多くできるということでもあります。

もう一つ、大きなメリットだと感じていることがあって。PC上でデザインすると、「よく見えすぎてしまう」という問題があります。そこそこ整った状態になるので、良し悪しの判断が逆につけにくい面が。手書きのラフの状態でよくできていると思えるものは、たいていPCで清書しても良いものになります。手書きで納得がいかないものは、いくらPC上で整えようとしてもうまくいかないことが多い。

この二つのメリットだけで、手書きでデザインしない理由はないと思いませんか?