費用対効果と時間対効果と

こちらは半日程度の時間でできるSEOで成果を出したという記事。
 ↓
「SEOの基本のキ」を実践したら、1カ月でクリック数が2倍になった話

どれも無料でできる範囲の工夫なので費用対効果がいい。それよりも注目したいのが、あまり時間をかけていないこと。それで成果を出せているので、「時間対効果」も良いのでは。スモールビジネスの施策は、コストに制約があることが殆どなので、どうしても費用対効果が気になるもの。ですが、いくらコストがかからないとはいっても、手間がかかる方法は意味がない。時間は労力ですし、結局は誰かの人件費です。

直接的なコストだけでなく、「それはどれくらい時間がかかるのか」を意識した方がいいです。目の前の直接的なコストを節約しようとして、かえって損をする。ということがないように。