オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイト

「Googleウェブマスター向け公式ブログ」で公開された記事です。2017年の記事ですが今でも大切なこと。
 ↓
Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : 日本語検索の品質向上にむけて

Googleが目指しているのは、検索がもっと便利になること。そのために、「ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位」を下げると言っています。要するにかつてのSEO対策にNOを突きつけているわけです。

代わりに、「オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示」される、と。というわけで、今のSEOは中身で勝負。すぐに表示順位が上がる、小手先のテクニックはありません。「オリジナルで」ということは、どこかの記事を参考にして書いたものではなく、独自の情報であること。「有用な」とは、ページを訪れたユーザーにとって役立つ情報であること。

あまり言われないですけど、はっきり言ってしまいます。検索エンジン対策は文章力です。文章力といっても、小説や詩のような美文が求められているのではないです。わかりやすく正確な文章で、ユーザーに役立つ情報を提供できれば良い。インターネットでビジネスをする限り、文章を書くことからは逃げられないのです。

ライティングを外注する手もありますが、成果を出せるプロはやっぱり料金が高いです。そうなれば自分で書くしかありませんよね? 日常的に文章を書いていれば、品質もスピードも向上します。結局、やるしかないです。