お客さんが既にいるところはどこ?

先日お話をしたあるお客様。自社サイトのアクセスが少ないという相談でした。

知名度が上がらないと、検索からの流入は期待できない商品。ということで、ヤフオクへの出品を提案してみました。ヤフオクには、その商品をほしがるであろう見込み客が既にいるという判断です。ヤフオクの場合、カテゴリー内の商品一覧から探して入札する人も多いですし。知名度の低い商品にもチャンスが。

自社サイトにこだわると、それ以外の「お客さんがいる場所」に目が向かないことがあります。例えば飲食店を例にすると、自店舗の検索順位を上げようとがんばるよりも。食べログやRettyなどのグルメサイトの情報を充実させたほうが成果が出るのが早い。Googleマイビジネスの強化も効果的。

インターネットの世界は広大なので、闇雲に情報を出しても見込み客には届かない。「既にお客さんがいるところ」を見つけられれば、そこに注力するのが正解。魚のいないところでは、どんなにがんばっても魚は釣れないのです。