全部がランディングページ

あるお客様の依頼で、コンサルティング会社が作ったラフを元にサイトを制作してほしいとのこと。いただいたラフを見ると、主要なページがランディングページとして構成されていました。

ページの訪問者に、期待する行動をとってもらうための1ページ完結型のページ。それがランディングページ(LP)です。かつては検索などで訪れたユーザーは、他のページもクリックして移動しながら見てくれました。今は最初に見たページに目的の情報がなければ、よそに行ってしまうのが基本。そのため、訪問者を逃さないLPが必要なのです。

通常のLPであれば、広告から誘導するのですが、検索から来る場合はどこのページが見られるか特定できません。そのため、「全てのページをLPとして構成する」という手法が使われています。楽天の商品個別ページも、LP型になっているところが多いですね。

ECサイト以外でもこの手法は有効。全ページは難しいとしても、主要なコンテンツだけでもLP型に切り替えることができれば。スタンダードになりつつある方法なので、自社のサイトに取り入れてみてください。