追い風と逆風と

コロナ禍は、まだ終息するまで時間がかかりそうです。店舗型のビジネスなら来店客の減少、訪問やイベントでの営業をしていたところは対面営業の制限。このままではいられない状況です。

コロナ禍以前からネットでのビジネスに力を入れていたところは、伸びているところもあれば、売り上げ減少幅を最小限に食い止めているところもあり。購買行動の非対面化という面で、ネットのビジネスにとってはある意味追い風とも言えます。

逆に、コロナ禍以降でネットに進出し始めた企業も増えています。ライバルが増えることになるので、これは逆風かもしれません。最近になって始めたライバルは、おそらく苦戦することになるでしょう。ネット活用は一朝一夕ではうまくいかないと、これ読んでいるあなたはよく知っているはず。先行していたところは、多少有利なわけですが。追いかけてくる方も必死です。

結局のところ、細かいことを面倒がらずに、たくさん行動できたところが勝つのではないかと思います。前からやっていた人は追いつかれないように。これからの人は追いつけるように。これが、コロナ禍でのネット活用の現状ではないかと思います。