SNSはこちらからフォローを

動画と並んで相談を受ける機会が多いのはSNSの活用。ひところに比べると落ち着いてきた感はありますが。

地方の小規模企業のTwitterをみてみると、フォロワーがとても少ないところがあります。よく見ると、フォローも一桁くらいだったりと、せっかくツイートしても誰もみてくれていない。そうこうしているうちに、運用をやめてしまったと思しきアカウントを見ると切ないものが。

人気の企業やタレントは、トラブルを避けるためかフォローをしないアカウントがかなりあります。それでも知名度が違うので、何万人ものフォロワーがついています。このパターンは強者の戦略で、地方の小規模企業には向いていません。むしろ積極的にこちらからフォローしていかないと、なかなかフォロワーは増えません。

Twitterであれば、自社商品について言及しているツイートを検索で探してみるところがスタート。いわゆる「エゴサーチ」です。見つかったらまず「いいね」。好意的な言及にはお礼のリプライ。さらにその人のフォロー。そうすると相手の人から、高確率でフォローが返ってきます。これを繰り返して、少しずつフォロワーを増やしていく。

SNSはコミュニケーションが基本ですので、一方通行の発信にならないように。単純に、自社の商品がほめられていたら嬉しいし、相手からしても見てくれているとわかったら嬉しいものです。こうした小さなやりとりを積み重ねてフォロワーが増えると、「期せずして」拡散するチャンスが巡ってくるというわけです。

手間はかかりますが、ユーザーの生の声を聞けるいい機会でもあります。試しにSNSで自社名や商品で検索するところから始めてみてください。