デザインは目的の達成手段

日ごろから常に考えていることで、共感できる記事があったのでご紹介。まずはこちらの記事を。

できるデザイナーは知っている。「LPのかっこよさ」と「売れるかどうか」は別の話|LPデザイン道場 第一回

WEBデザインといえば、「かっこいい、美しいサイトを作る仕事」と考える人は多いです。問題は、大半のWEBデザイナーもそう思っていること。上記の記事にも出てきますが、カッコ「よすぎる」デザインは問題を引き起こすことがあります。

親しみやすさや信頼性が低下したり、操作性や情報伝達力が低下したり。本来のデザインの役割ってビジネス上の課題を解決することなので、本末転倒です。デザイナーが、本来のお客様ではなく目の前の発注者を満足させることを目的にしてしまうとそうなります。また発注者側も、ターゲットとなるお客様ではなく、自分が満足できるかに主眼を置いたときに発生します。

デキないデザイナーに依頼するよりも、自分で作った方が「売れる」ページになることも少なくありません。制作に関わる全ての人が、真の「お客様」のことを考えれば、自ずと目的の達成に近づくはずです。