○○は廃れる

ある記事を読んでいたら、「Webサイトは廃れる」という話が出てきました。SNSの普及で、情報を探すときにハッシュタグを辿る若者が増えているとのこと。GoogleやYahoo!を開いてキーワードを打ち込んで検索、というネットの使い方をしていない。ひんぱんに使うサービスなら、Webではなくアプリから使っている人も多いでしょう。ネットの世界は流れが速いので、一理ぐらいはありそうです。ただですね。

「ブログは廃れる」という話がかなり前から言われていますが。今でも有益な情報はブログで発信されていることが多く、ひょっとしたら以前よりも存在感は増しているかもしれません。

「メールは廃れる」という話も、ここ数年でよく聞きます。SNSに取って変わられる、と。現実には、ネットショッピングはメールでのやり取りが中心になりますし、ビジネスでのコミュニケーションもまだまだメールが主流。

「廃れる」と言われると、「全く使われなくなる」というイメージを持つかもしれません。実際のところは「主役の座を降りる」くらいの感じになるのではないかと。その後も、十分に価値のある存在であり続けると私は考えています。