下書きの大切さ

ちょっと変わった依頼があって、CMの絵コンテを書いてくれないか? と。映像制作のプロではないのでお断りしようと思ったのですが、プロに依頼する前段階のイメージ固め、ということで協力することに。Web用の映像は作りますから、全くのど素人というわけでもないですしね。

絵コンテというのは、簡単な絵に文字の説明を加えた映像の設計図のようなものです。下書きといってもいいですね。デザインならラフスケッチを必ず書きます。ちょっと気合いを入れた文章を書くときにも、全体の構成のラフを作ってから書き始めます。

何かを作る時って、慣れている人ほど前段階の準備をしっかりとしておくものです。むしろ素人さんや慣れていない人ほど、いきなり本番に進んで止まってしまう。

下書きやラフスケッチは、とても大事なものです。完成品の質も上がるし、結局は出来上がりも早い。映像でもデザインでも文章でも、最初から本番に入らず、下書きから入りましょう。やってみると問題点が予め見つかるので、構想段階で潰しておけば、あとで幸せになれます。