デイジー・デジタル・デザイン

岩手県盛岡市・ホームページ制作・コンサルティング・ネット集客代行

ホームページのデザインとは

   

ホームページを作るとなったとき、何が気になるかというとおそらく「デザイン」だと思います。

実は「デザイン」とは、本来は「設計」を意味する言葉です。ウェブデザインでいうと「情報設計」や「ユーザビリティ(使いやすさ)」もデザインの重要な要素なのです。ところが「ホームページのデザイン」といった場合に、指し示しているのは「見栄え」の部分であることが多いです。

近ごろは「見栄え」の部分で大きくマイナスになるようなホームページは少なくなりました。ユーザビリティについても、ある程度お約束が決まっているので大きな差はつきにくい(チリも積もれば…で、最終的に大きな差となることはあります)。では、どこで差がつくかというと情報設計の部分だと思っています。

ところが、この情報設計の良し悪しというのは素人目には判断がつきにくい。制作者がおざなりにしてもバレにくいのです。また、ユーザーにとってベストだと思う設計を行っても、実際に運用を始めてみたら予想と異なっていたということも多いのです。

どうすれば、きちんと情報設計されたホームページが手に入るか。一つは、設計段階に十分な時間と労力をかけること。制作初期の段階で、いわゆる「デザイン案」で「見栄え」を判断してしまうのはよくありません。ホームページの最終的な目標を達成するためには、初期段階で見栄えを固定することはご法度といっていいでしょう。

もう一つは、運用を開始してから、実際のユーザーの反応に合わせて改修を続けることです。ホームページを作るとき、立ち上げ時点で予算を使い切ってしまうと、その後の改修ができません。継続的な改善こそが成否を決めるのです。

 

 - ウェブデザイン