WordPressの5.1が出ました

WordPressの新しいバージョンが出たという通知が来たのでアップデートを。見た感じでは、私のところではあまり変わらないです。内部的なブラッシュアップがメインかな? 今日の記事は、WordPressを使っていない、使う予定もないというときは読み飛ばしていただいてOK。

さて、今回から「サイトヘルス」という機能が追加になりました。古いPHPを使っている場合に通知を出したり、対応していないプラグインのインストールをブロックしてくれるそうです。↓PHP5.3.3のサイトでこんな通知が表示されました。気がついたところでは、テーマの直接編集も利用できなくなったり。

これから数年の間は、PHPのバージョンに注意が必要になりそうです。有名どころのサーバ業者はすでにPHPの最新版に対応しています。ただ、今契約したとしてもPHPの5系列(最新は7)が入るサーバもまだ多数。最も人気があるツールのWordPressで通知が出るとなると、楽に対応する方法を業者も考えてくれると思いますが。取りあえず、これからサーバを契約する人は「PHP7」が動くか確認が必要ですね。基本的に、サーバもプログラムも新しい方が速くて安全なので。

それから、WordPressの「4.9.X」を使い続けている場合。新しい入力画面に慣れない場合は、「Classic Editor」プラグインを入れれば今まで通りの使い勝手です。私のところで不具合は出ていないですし、特に悪い評判も聞かないので、PHPのバージョン問題がなければ最新版をおすすめしておきます。