Webデザイナーの仕事

今日はお客様と新サイトのデザイン打ち合わせ。前は1枚の画像でデザインを提示して、OKもらってからウェブページにしていました。最近は最初からウェブの形で見せています。なぜかというと、その方が安くていいものができるから。

近ごろは「CSSフレームワーク」と呼ばれるツールを使って制作することが増えました。Webデザインでよく使われるパターンを予め準備したもの、と考えてOKです。イチから自分で作るよりもはるかに効率がよいです。あるいはWordPressのテーマ。すでにデザインの雛形があって、画像とコンテンツを当てはめるだけ。

適切なツールを選んで、どのように使うかに注力する。そうすると早くできるから安いし、良いものができるわけです。昔のWebデザイナーは、アイコン作ったりHTMLとCSSでデザイン案を再現したりに時間を取られていました。最近は、情報伝達のための整理がメインと言っていいでしょう。本来的なデザイナーの仕事です。

ツールに当てはめて作る場合、イレギュラーなところがあると途端に手間がかかります。細かいところは割り切って、フレームワークやテーマに合わせて作るのが吉、です。