ヒートマップでユーザーの視線を可視化する

少し前に公開したお客様のウェブサイトをチェック中。特に、改善につながるポイントを見つけやすいのがヒートマップです。

ヒートマップは、ページを閲覧したユーザーの動きを可視化するツールです。例えば、じっくり読まれた箇所は赤色、読まれていない箇所は青色というように、色分けして表示されます。こちらの意図の通りに見てもらっているか、予想外の動きをしていないか、チェックできるわけです。

無料で使えるヒートマップはいくつか出ていますが、おすすめは「User Heat」。日本語にも対応していますし、WordPressのプラグインも出ています。計測項目は、「マウス」「クリック」「熟読エリア」「終了エリア」「離脱エリア」。アクセス解析ではわからない、ユーザーの動きが可視化されるので、見ているだけでも面白い。読まれていないところは、位置を上げたり目立たせたり。改善ポイントが見つけやすいです。

月間30万PVまで無料で使えるので、小規模サイトでは十分。特にWordPressの場合は、簡単に導入できるのでぜひお試しを。