デイジー・デジタル・デザイン

岩手県盛岡市・ホームページ制作・コンサルティング・ネット集客代行

コーポレートサイトについて考える

   

アンケートで頂いた質問に、お答えするシリーズその2。質問は「コーポレートサイトとして求められている事」「コーポレート、SNSそれぞれの立ち位置と相互活用法」。

会社のホームページは、最終的に何らかの「益」を企業にもたらすためにあります。ECサイトやBtoBの見込み客育成サイトはわかりやすいですね。売り上げアップ。コストダウンという「益」もあります。リクルートやFAQ、IR情報も入るかと。計測しにくいのが、いわゆるブランディングです。ユーザーに浸透し、どれだけロイヤリティ(愛着)が育ったか。

ユーザーからの調査はもちろんですが、SNSでのシェアやリツイート、いいねなどでエンゲージメント(つながりの強さ)を計測することが一般的になっています。情報の発信者への信頼や愛着があればこそ、友達にも共有したいという気持ちが出てくるわけですから。

SNSで支持されている企業を見ると、「中の人」の個性が滲み出るようなアカウントが人気を集めています。時には炎上スレスレだったり。炎上しても対応が完璧でさらにつながりが強くなったり。

Facebookはエンゲージメントが弱い企業アカウントの書き込みは、優先順位をどんどん下げています。最終的にユーザー、顧客とどんな関係性を構築したいのか? ということが問われているのでは。

 - ホームページ集客