デイジー・デジタル・デザイン

岩手県盛岡市・ホームページ制作・コンサルティング・ネット集客代行

顧客獲得コストを考える

   

ネットの広告をかけてテストしている、とあるサイト。反応が思わしくなく苦戦中。あれこれ手を加えながら、テストを継続しています。

リスティング広告やFacebook広告、インスタグラム広告など。商品の性質や広告自体のできによって、クリックあたりの単価は変わります。さらに改善を続けていけば、クリック単価を下げることが可能になります。ただし、私の肌感覚では1クリック100円以上になるのも初期段階では珍しくありません。

仮ということで、1クリック50円でシミュレーションしてみます。広告からのアクセスのうち、1%がコンバージョン(成約・反応)するとしたら、獲得コストは5,000円。0.5%なら10,000円、2%なら2,500円。反応率が少し変わるだけで、獲得コストも大きく変わります。

10年ぐらい前は、他メディア(TVCMや折込チラシなど)と比較して、ネットの顧客獲得コストは安かったのですが、今はどんどん既存メディアに近づいています。広告自体の効果測定のため、通常は分けて考えますが、当然、広告外のブログやメルマガ、SNSから反応が取れればもっといい。時間はかかりますけれど。一人のお客を取るために、5,000円とか10,000円もかかるなら広告なんてやってられないと思うかもしれません。かといって、TVCMや折込チラシは一度に出ていく金額が大きいので、手を出しにくい上に、顧客獲得コストも安くはありません。

データが取れて低予算から始められるのがネット広告の良いところ。テストで導入してみて、許容できる顧客獲得コストを割り出して、改善する。というわけで、広告の出しっ放しはやってもあまり意味がないです。

とにかく反応がゼロのままでは、データもへったくれもないので、最低でも反応が出るまでは継続することが大事。

 - ホームページ集客