デイジー・デジタル・デザイン

岩手県盛岡市・ホームページ制作・コンサルティング・ネット集客代行

QUESTフォーミュラ

   

セールスコピーの「型」について、昨日に引き続きご紹介。今から12年前に、カナダのマイケル・フォーティン氏によって発表されたのが「QUESTフォーミュラ」。今では世界中のセールスレターやランディングページで使われています。流れとしてはこんな感じ。

1.Qualify(絞り込む)

2.Understand(共感する)

3.Educate(啓発する)

4.Stimulate(興奮させる)

5.Transition(変化させる)

QUESTフォーミュラについてマイケル・フォーティン氏が発表したオリジナル記事の日本語訳があります。

QUESTフォーミュラ: 効果的なセールスコピーの書き方

きのう紹介した「PASONAの法則」と、順番と言い回しを少し変えるとQUESTフォーミュラになる気がしないでもないですが。大事なことは、読む人の心理を考えて段階を踏んで訴求していくことです。最終的にはPASONAでもQUESTでもどっちでもいいと思います。フォーティン氏も「QUESTはガイドであって、目標や規則ではない」って書いてます。真っ白な紙やパソコンの画面を前にして、どこへ進めば良いか示してくれるガイドがあれば、それだけで有用なのです。

 - ホームページ集客