デイジー・デジタル・デザイン

岩手県盛岡市・ホームページ制作・コンサルティング・ネット集客代行

勝ち馬に乗る

   

先日のメルマガとブログで無印良品のサイトリニューアルについて書いたところ、感想のメールをいただきました。ありがとうございます。いただいた感想を紹介しますね。実際にサイトを見ていただいた方がよくわかると思います。

↓無印良品のサイトはこちら

https://www.muji.net/store/

タグ検索でスイスイとたどりついてほしい」という狙いは分かるのですが、重複するような多数のタグとカテゴリの入り口があって、うーん慣れない人にはどうかな、、、と思って無印のリニューアルについてツイッターで検索してみたら、案の定「使いづらい」という声が。

検索とタグを中心にした操作ですね。試みとしては理解できるものの、初回で受けた印象は私も同じです。ただ、慣れたインターフェースと異なるものが提示された場合、それがいくら便利でも抵抗は大きいものです。Yahoo! を始めとするディレクトリ型ポータルサイトが主流だった時代に、突然「検索窓だけ」という操作方法で登場したのがGoogleです。私も面食らいましたし、ネットの反応も賛否両論でした。しかし、その後の標準になったことはみなさんもご存知の通り。

今回の無印のユーザーインターフェースが新しい標準になるのか、廃れていくのか。外野としては興味を持って見ていればいいんじゃないかと思います。じゅうぶんに認知されているブランドなので、リピーターの使い勝手に最適化したのかもしれません。また、これくらいの規模のサイトだとユーザーテストをしっかり行っているはず。見方を変えると、無印が私たちの代わりに壮大な実験をしているとも言えます。大きな企業の新しいチャレンジには、結果が出てから参考にさせていただくのがよいかと。

ダン・ケネディがよく「あのクルマを追え」と言います。日本語では「勝ち馬に乗る」という言葉がありますね。情報への感度は高いに越したことはありませんが、結果が見えてから乗っかっても遅くはないと思います。

 - ウェブ全般