デイジー・デジタル・デザイン

岩手県盛岡市・ホームページ制作・コンサルティング・ネット集客代行

ネットと店舗と

   

ご存知「無印良品」のウェブサイトがリニューアルして一部で話題に。

無印良品が「ネットストア」含むWebサイトをリニューアルーその目的と内容は

これまで、ブランド情報や店舗案内などのmuji.comと、ネット販売のmuji.netに分かれていたのですが。今回ネットストアの方を表に出す形で統合されました。ブランディングページとショップページは、分けるのがこれまでのセオリーでした。一つのウェブサイトは一つのテーマ。あれもこれもと欲張ると訴求が弱くなってしまいます。

消費者の行動様式が変化して、ネットで商品の情報を調べて店舗で買うことが一般化しています。無印良品の場合はネットで注文して店舗で受け取るパターンも推し進めていますし、「商品」にフォーカスすることで、ネット販売も店舗販売も活性化させようという狙いではないかと予想しています。単純にブランディングページとショップページを統合しただけ、というわけではないでしょう。

店舗ではなく商品が優先。あるいは、会社案内ページを作るとき。会社そのものよりも商品やサービスを前面に出す。そういう意味で、参考になる例ではないかと。

デザイン的にも、検索とタグをメインにしたナビゲーションなど、面白い試みをしています。アマゾンとは違う、新しいスタンダードを目指そうとしているのかなあ。

というわけで、無印良品のホームページ。いっぺん見ておきましょう。

 - ホームページ集客, ウェブデザイン