デイジー・デジタル・デザイン

岩手県盛岡市・ホームページ制作・コンサルティング・ネット集客代行

RFP(提案依頼書)をつくる

   

きのうは私が作った提案依頼書を見ながら、ウェブサイトの外注依頼の打ち合わせ。ところで提案依頼書って作ったことありますか? 元々はシステム開発の現場で、発注側が必要な要件をまとめて、提案依頼をするための文書です。Request For Proposal の頭文字を取って、「RFP」とも呼ばれます。

今回は、私も発注側のスタッフに加わったのでRFPを作ったのですが、ふだんは受け取る立場が多いです。で、このRFP。

今はホームページ制作といっても、更新システムなど要求される機能が増えてきています。なので、ホームページの制作を依頼する場合は作ったほうがいい。書こうとすると「あれも必要だ、これも必要だった」と、どんどん要件、必要な機能が出てくると思います。

最初は箇条書きでかまいません。発注側は専門家ではないわけですから、思いついたことを書けばいいのです。提案依頼を受けた業者が、「この予算でコレはちょっと…」とか、「この要件ならこの方法がいいです」とか、いろいろ提案してくれるはずですから。言った言わないの防止にもなりますし、見積もりも正確に出てきますよ。

書き方はネットを漁ればいっぱい出てきます。おススメはこのページ。ここ見とけば十分。

サンプルでわかる提案依頼書(RFP)作成6つのポイント、発注内容の伝言ゲームは失敗の第一歩

制作を依頼するとき、あるいは自分で作るときでも、要件をまとめておく意味でRFPを作りましょう。

 - ウェブ開発