デイジー・デジタル・デザイン

岩手県盛岡市・ホームページ制作・コンサルティング・ネット集客代行

ホームページ制作という肩書き

   

ネットでちょっとだけ話題になっていた記事があったのでご紹介。少し長い記事ですし、専門用語が多くて読みにくいかもしれませんが、ぜひ読んでみてください。いい記事です。

なぜ私たちは「web制作会社」という古臭くてダサい肩書を使うのか? | ベイジの社長ブログ

読んでみました?

要するに、自社の見込み客にどうやったら見つけてもらえるか? という話だと思います。私の場合は、「Web制作」ではなく「ホームページ制作」を名乗っています。実は、日本語の「ホームページ」は厳密には誤用のことが多く、業界的には好まれていない言葉です。ですが、私のお客様は普通に「ホームページ」という言葉を使っています。それに合わせただけ。お客様と対面で話すときは、たいてい「ウェブサイト」じゃなくて「ホームページ」。業界の人と話すときは「ウェブサイト」。ときどき使い分けを間違いますが(笑)。

先ほどの記事で指摘されているのは、「見込み客のことを何も考えていないのでは?」ということ。まあ、そういう会社はビジネスセンスが壊滅的だということなんで、わかりやすいぶん避ければいい話で。

独自の肩書きは時に有効。それは、お客様に伝わるか否かがポイントです。

 - ホームページ集客