デイジー・デジタル・デザイン

岩手県盛岡市・ホームページ制作・コンサルティング・ネット集客代行

リード(見込客)とプロスペクト(見込客)

   

岩手を拠点に全国的に活躍されている、複業診断士×事業創造コーチの佐藤正一さん。佐藤さんのブログで、見込客のことを「プロスペクト」と表現していました。日本のマーケッターで、この言葉をきちんと使える人は少ないので「おおっ」と思ったのです。じゃあ、プロスペクトって何? って話を。

見込客のことを英語で「リード(Lead)」と言います。「リードジェネレーション」とか「リードナーチャリング」という最近はやりの言葉をきいたことがあるかもしれません。リードには、わりと広い意味があって、「将来お客になりそうなすべての人」ととらえてください。

対して「プロスペクト(Prospect)」。商談の依頼や、資料や無料オファーの請求、連絡先の登録など、まだ購入に至っていないけれども成約の見込みが高そうな人、という意味の言葉です。メルマガ読者とか。

「見込客」という言葉だと、ざっくりすぎるんですね。商品に興味を持ち始めた段階の人と、自らコンタクトを取ってきた人では、当然、届けるべきメッセージも違ってくるはずです。

言葉は思考のために重要。

「見込客」を「リード」と「プロスペクト」に分けてみる。アプローチが変わると思いますよ。

新しい企画が進んでいるようですし、メルマガもおすすめ。
↓佐藤正一さんのブログはこちら。

http://佐藤正一.com/

 - ホームページ集客