デイジー・デジタル・デザイン

岩手県盛岡市・ホームページ制作・コンサルティング・ネット集客代行

USPの終わり?

   

160721

マーケティングについて勉強すると、「USP」という重要な考え方について触れることになるはずです。ところが、私のウォッチしている何人かのマーケッターさんが、「USPはいらない」って言い始めているんですね。

USP=ユニーク・セリング・プロポジションとは、よく「独自の売り」と訳される概念。他社ではなく自社の商品を選んでもらうためには、「選ばれる理由」が必要です。ですが、このUSPを作るのがなかなか難しい。もしかするとあなたも、USPを作ろうとしてうまく行かなかった経験をお持ちかもしれません。

あるマーケッターさんが言うには、「商品が売れていく中で決まっていくのがUSPだから、たくさんのお客さんに会うことが先」と。別のマーケッターさんが言うには、「USPはライバルに真似されやすい。最終的には価格競争になる」と。共通している言っているのは、「人(個性)が最大のUSP」ということ。モノを買うときって、「人」から買うんですよね。それがネットショップであっても。そして、個人のキャラクターは真似しようとしても難しい。売り手のパーソナリティや考え方をオープンにしていかないとこの先行き詰まる、ということかなと。

USPの考え方が終わったわけではないです。商品・サービスから先行して考えるUSPの限界ということだと思います。

USPについては常々考えてきたんですが、ああでもないこうでもないと紆余曲折しています。「これだ!」っていうのが見つかるまでは、まだかかりそう。

 - ホームページ集客